日々平凡に暮らしております
と言っても、なんだかんだ波乱があったり…しないか?!
平凡もよく観察すると非凡なのかも…
ずっとずっと向上心は持ち続けていきます

November 2015

応酬



こんな事を宣ってる輩がいたものだから、




と呟いてやった。

しかし、何時にTweetしてんだか。
寝なさいっ〜
少しはスッキリするから。ね!

ワガママに(改め気ままな)京都 みやげ編


貴船で天気雨に見舞われて、御朱印帳が濡れたらシャレにならない(*_*)と思ってたら凄い!御朱印帳入れが売ってました。カエデ柄で帆布使いが気に入り迷わず購入。しかも後で見たら「信三郎帆布」でした。

あとはトロッコ電車のチケット笑

記念にね。。

ワガママに(改め気ままな)京都

いやぁ、ライトアップの画像をガシガシ写メってましたら充電切れ。
持参のバッテリーもとっくのとおに使い果たしてました。

まず、、、
紅葉は残念賞でした。

天龍寺を脇にそれた道のコーヒー屋さんのご主人に伺ってはいたのですが、おっしゃる通りでした。
「今年は寒くなってないから。」

貴船の辺りは縮こまった茶色くなった葉でした。
出遅れた感が否めなかった。悲し〜。
嵐山では今年は綺麗に紅く色付かず、散ってしまうパターンかも。

桂川…渡月橋より北だから大堰川か。対岸のライトアップ

車窓から…
ちっとも取れてない(; ̄O ̄)


復路は5号展望車「ザ・リッチ」
窓際のいい位置。
朝方並んだ甲斐がありました。窓口のお姉さんありがとう。

展望車は枠だけの作りで、寒かったぁ〜。
雨の日はチケットを販売しないそうです。
確かに。これはびしょ濡れになります=景色を楽しめない。

昼間は川の景色が綺麗でしょうね。
春〜夏場には「保津川下り」で嵐山に戻るのもいいかも。

お世話のなりました。

さて、下車後は夜の渡月橋を見たくて徒歩でまた嵐電嵐山に戻りました。

「くまなき月の渡るに似る」と亀山上皇が曰われたのは840年位?
桂川を月が移動する様。月を眺めてる時間がどれ程か。
風流です。そして優雅さが感じられてものすごくすき。

帰りの新幹線に余裕があったからこの後永観堂!
と思ってましたが、ここまで気まま旅大活躍の携帯アプリが…バッテリー切れそうでナビゲーション使えず。命綱絶たれた感じ。
ガイドブックも持参してましたが、手っ取り早さに頼り過ぎでした。
体力的にはバッテリー充分だったのに。苦笑
嵐電嵐山の駅舎横の「きものフォレスト」

永観堂に後ろ髪引かれつつも京都駅に戻り、軽く食べて帰ろうかな。←駅ビルとかならお一人様でも入れるとふんで(^_^;)

そういえばもうすぐクリスマスなんだね。と気づかされ。

トークショーしてました。
ツリー🎄かなり大きいのがお分かりいただけるかと。
これだけ立派だと気分が高まります。
そしてクリスマスイブにここに戻ってきます。
次は何処に行きましょうか。。
いつ来ても必ず発見があるから、旅はやめられません。

おまけ:乗り込んだ車両は中国の観光団体ご一行様にほぼ占拠されており、わたしのシートも回転されてました。充電するのに都合が良いから最前列に指定取ったのに、隣も無人なのに進行方向後ろ向き、イヤだよ。
シートはもちろん元どおりに向きをなおしました。
しかし、大きな声で車両のハジから向こうに呼びかける、デッキ開け放って集合写真を撮る。
車掌さんに依頼して席を移りました。
耐えられそうもなかったので。

締めくくりは
人の振り見て我が振り直せ。
としようかな。

ワガママに(改め気ままな)京都

嵐山に戻ってきました。

此方は京福電気鉄道  : 嵐山駅(嵐電嵐山)
距離にすると750mくらいらしいです。
トロッコ電車乗車時間まではまた時間があるので渡月橋、社寺観光などを。

天龍寺に向かいます。
渡月橋からみた嵐山は紅葉が進んでおらず?
この辺りにはチラホラと紅葉が見られます。

あ、お腹空いてたんだ。
天龍寺とメインストリートの間で、脇にそれる小道の入り口に「ドリップコーヒー」の文字を見かけて、傍にそれるってとこに惹かれて脇にそれてみました。

コーヒーのみたいっ!
構えの通りこじんまり(失礼m(_ _)m)した作りですが、奥のテラス席が良い雰囲気。
ですが手足が冷えていたのでカウンターに座らせて頂き、(勇気を出し)言葉を交わしながらコーヒーを頂きました。
あ。やっと食事も出来ました。ゴロゴロ野菜が乗ったカレーライス。
満足でした。
嵯峨嵐山駅までの道順を伺い、良い時間に向かえました。
途中道を聞いてきた北京からのおひとり様と道を探しながら連れ立って、聞くと日本に3週間も滞在してるんですって。素敵。
流暢な日本語を話されてるので、これなら色々回って歩けますね。語学大事!

別れてからわたしはいざライトアップ!
楽しみ。

ワガママに京都

昼も食べずに(←1人ご飯が出来ない人)
いや、食べるためにお店を探しつつ、乗り換えの祇園四条で地上にでたら…

良い雰囲気だったのでキョロキョロしてたら少し先に八坂神社だと気付き…

ご飯食べられそうなところに入れずたどり着いてました。


芸事とはかけ離れちゃっていますが、これをご縁に。
とか、頑張ってる方々の晴の舞台に行けますようにとか、思いながら参拝。
京阪本線祇園四条駅に戻り、そこから (阪急)京都線 河原町駅に。
駅から駅への途中(この橋を渡るだけ)四条大橋から見た鴨川の景色のなんと清々しいこと。
立ち止まって良かった。

結局やっぱり昼ごはんは食べられなかったけど。
足を延ばせば祇園。
それはまた今度。

ワガママに京都



えっと、紅葉進み過ぎてました。
叡山電車の折角のご配慮の紅葉のトンネルも、ちょっと残念。

天気雨で、お湿りを頂きながらの参拝でした。


水にまつわる神社ですが、絵馬の発祥の地であると謳われていました。
そうなんだ。
東照宮の3猿が厩舎(神厩舎)のお馬さんを守るためだったとか、こちらのお馬さんの事とか、馬…。
やっぱりお馬さん良いよっ!

奥宮に向かう途中の連理の杉、これは立派です。


来た道を貴船口に戻ります。
川沿いにおかれた灯篭に日が灯ると良い感じになるのでしょうね。



直接嵐山に戻るか、どこでお昼ご飯にするか悩みながら…歩き出します。

ワガママに京都

今回の京都旅、目的は紅葉狩!

で、嵐山の渡月橋からの眺めと、貴船神社の夜間ライトアップをみてこようかなと。

下調べ中、永観堂も行きたくなり。
行ければ行っちゃえ〜〜って感じで出てまいりました。

焦点を永観堂の夜間ライトアップに絞って、まずは嵐山へ。

嵐山は渡月橋!


でもこの時期トロッコ電車も良いなぁ…とおもいつつアプリで乗り換えを調べてみると、トロッコ電車の駅と連絡のいいところで乗り換えを勧められた。

これは折角だからトロッコ電車でしょう。
なので、チケットを購入しようと列に並んでみると。。

ここまで辿り着く間にあれよあれよと満席になった様子。後ろもすんごい人の列。
「ザ・リッチ」という名の展望列車は、当日販売のみなんですって。

購入出来るのか???不安ながらも更に並ぶ事暫し。

満席の表示は販売窓口の目の前にきて更に進み、もう3時台のみ。
中途半端過ぎるよ…。どうしよう。

時刻表みてたら、ありがたや!
なんと臨時列車の存在あり。
紅葉の時期はライトアップされる、夕方便があった。
もうここまで並んで気分は乗る方向になっていたので、臨時列車のチケットを購入。
ザ・リッチの着席が取れました。
往路は普通車両の指定。
ザ・リッチでとお願いすると、人気なので往復購入者は片道だけでお願いしてます。との事。
ふーん。そういう事ならまぁ譲りましょう。

とすると、自然とライトアップ紅葉狩りは嵐山。
それまでをどこで紅葉狩りするか。

当初の目的地、貴船に向かう事にしました。



貴船に向かう叡山電車の車窓から。

娘にご馳走してもらった話

娘のバイト先の系列店が銀座にあると言う。
「だから銀座でゴハン食べよ♡」
と娘に誘われて銀座へ。

岩手三昧

前沢牛・奥州牛・岩手短角牛の盛合せ 霜降りが見事な前沢牛、バランスのとれた奥州牛、脂肪分の少ない短角牛、どれも岩手の野趣溢れる大地で育った三銘牛です、是非食べ比べてお楽しみ下さい。

と謳われていた焼肉のセットを頼んでみました。
うん、質のいいお肉。
それぞれの肉の違いが食べ比べられて、いいセットです。
前沢牛がトロリとした上質感で良かったなぁ。
歯応えを楽しんで肉の旨みを味わえるのは短角牛。
だったと思う。。。何せ食してから既に5日も経ってるんで(^_^;)
ちなみに、娘のバイト先はソラマチ。
そこにもこのメニューがあるそうだけれど、彼女か知る限りオーダーの通ったことは無いという。

チーズチヂミ

バイト先のチヂミをまだ食べたことがなくて、と言うのと、私がチヂミ好きだからこれをチョイス。
あとセンナムル冷麺。
お客さんにどんな味?と聞かれてなんと言っていいか悩んだ一品だそう。
今回食べて、その味を伝えてね。
でも、サラダの冷麺ですね。。。
ドレッシングというかツユ、汁?が少し辛味のあるさっぱりしたものでした。

その他にもアボカドのサラダやスンドゥブを食べて、これらの全てを娘がご馳走してくれるという。

おぉ、なんと太っ腹なこと。
ありがとう。

お肉は美味しかったし、お店の雰囲気も良かったね。
ご馳走さまでした。

ぴょんぴょん舎 GINZA UNA 

にて。

あ、銀座でママにご馳走してくれるなんて「身の程知らず」「でもありがとう」って言っておきました。
そう言えば今の娘と同じ歳のとき、お金持たずにアメックス家族カードだけで友達とマキシムに入っちゃったわたしだからね。
銀座で背伸びは遺伝ね。

大人の神楽坂の夜を

最近は法事でしか顔を合わせることがなかった従兄弟と、久しぶりに会う場所は神楽坂でした。

泊まっていたホテルが近い。
従兄弟の以前の職場が近かった。

日光から戻って、
顔くらい洗えるかな?
服も変えるかな?

とか、一応気は使ってたけど先週末からの残務と続く寝不足の疲れと今日の満足度の高いミニ旅で気力なくなりかけてた。←予定の詰め込みすぎっ!
駅を降りてから買って帰ったスタバのクリスマスローストのコーヒーも飲み終えないうちに、
「ロビーに到着したよ、早く着いちゃった。」
の知らせが。

えええええ〜、髪もボッサボサのままだよぉ〜。
ま、いっか。従兄弟だし。
ホテルに入る時に雨が降り出してたっけ。フロントで傘借りて行くかな。
従兄弟の顔、分かるかな?←おぃそりゃ無いだろっ!

久しぶりの従兄弟は変わってなかった。
もちろん貫禄はいい意味でもそうでなくても充分付いてる。こっちもそれなりに色んなものが付いてて…それはお互い様。

小学校の時散々泣かされたとか、従姉妹が近くにいなかったからかスカートめくりの練習台のごとくいたずらのターゲットにされたとか、そんな事柄を話しながら馴染みだという店に。

「神楽坂うぶ」
あ、娘とは食べにこない佇まいのお店だ。
完全「和」のお店。
照明は明るい。正面の清潔感のあるカウンターの中にマスター。
そのカウンターの1番奥に通して頂く。
お勧めは日本酒。
日本酒飲めないんだよねぇ…
何を飲んでも直ぐに良い気分になれるから、口当たりが良いのが良いな。
と言うと、「作」の新酒を出してきてくださった。
素敵な江戸切子硝子の徳利とお猪口で。

スッキリした口当たり。軽めのフルーティな香りで喉にスーッと落ちていく。
うわっ、キケンだわ。

従兄弟はカンカン飲み進むから、つられて2、3杯と。
そして次に出されたのは少し重めに甘ったるい感じもして、これは1杯で止めておき、もう一度新酒を頂き。
なんだけど、お猪口は4つ。
4種類は頂いたことになりますね…?!

お通しで頂いたマグロの塩辛だけで充分お酒が進みます。

焼き蛤
甘みがあってふっくらとした身が、口の中で弾力も主張してくれて、美味しかった。

従兄弟のところの次女さんとうちの娘と同い年だった。
娘と飲むんだって。ぁ、長女さんとね。楽しいだろうなぁ。
我が家は家飲みしないからなぁ。

カモネギ!!
良いお出汁でてまして、ネギがとろっとろ。あー、もう一度食べたい。って感じました。

東京出て来たら従兄弟に就職のお世話してもらおうかな。手に職無いからなんでもするの。外資系だから語学できないって点でムリかな。

おでんもいいよと従兄弟が勧めてくれましたが、昼に頂いた鱒も濃厚だったし、帰りがけの日光駅まで行く途中でモンブラン食べちゃったしで、おでんは次回ね。

料理が美味しいのは言うまでもなく、おかみさんの軽やかな笑顔も素敵なお店でした。

ホテルまで送ってもらって、再会の約束して…フラッフラ〜〜〜〜
顔洗うとき、蛇口に額ぶつけた〜〜。
痛っ

ジャグジーに浸りながら寝てたぁ〜〜……。

しっかりベッドにたどり着けましたよ。
ご馳走様でした。

家康さまは寅年

恒例の紅葉狩り。
今年は日光東照宮に詣でてきました。

浅草からスペーシアで日光へ。
先ずは金谷ホテルで腹ごしらえ。


コースで鱒のソテーを選択。
ほくほくの身に、衣についてる味が上品で一気におさかなファンになりました。
ソースも別についてきたのですが必要なかった。
付け合わせのインゲンもシャキシャキで美味しかった。

相方は牛肉のビール煮を。
一口づつシャアしたのだけれど、ナイフを入れただけで肉の繊維に沿って崩れていく柔らかさ。こちらも美味でした。

デザートはスイートポテトのアイス。
さつまいもでなくて、まさしくスイートポテト!
とろけました。

やっと到着。笑



葵の御紋が輝いてます。


「見ざる言わざる聞かざる」三猿は神厩舎にいらしたんですね。
猿は馬を病気から守ると言われていたそうで、それで。

子猿さんの成長過程を表しているんですって。
相方持参のガイドブックに感謝。



一番上まで200段あるとの事。
ここまでの道程にある段差も急だったり一段が高かったり狭かったり。
旅を楽しむためにも、体作りして健康でいなければね。

全くその通りです。

日光東照宮奥の院。
家康さまのお墓。
この辺りの空間は時が止まったかのようで厳かな感じがしました。


で、御朱印。
神社用の御朱印帳はまだ持っていなかったので、400年式年大祭の銘が入ったこちらを求めました。
境内には数カ所の御朱印発行所が。
鳴き龍の社殿でも頂いてきました。

紅葉狩りには少し時期がおそかったようでしたが、足を運んで正解の旅でした。
帰りはJR特急日光線で新宿まで。
友と話しながらの旅はあっという間の時間でした。

色々な意味で危険

お、折れてないよね?
しもやけの腫れじゃありませんよ。
えと、今朝窓枠の段差を越せませんでした。
その高さ測ったら11センチ。


したたか打ち付けました。
普段痛みには強いとか(鈍感じゃない)
思ってた私ですが、かなり痛かった。
でもまぁ少し我慢してたら痛みが引いたので、そのまま普通に生活して1日過ごし、やっと靴下を脱いだらこんなになってました。

来週お出掛けしてたくさん歩くのに……。
ま、パンプスは当分無理ですね。

それより、足が上がらなかった事実には目をつむりたいけど。


いやいや、しっかり受け止めておきます。
諸々キケンですね。
 
M e r r y G o R o u n d !
メリーゴーランド
日常検索
Instagram
日常を切り取ってみました
  • バス旅からの〜〜桜なべ
  • バス旅からの〜〜桜なべ
  • バス旅からの〜〜桜なべ
  • バス旅からの〜〜桜なべ
  • バス旅からの〜〜桜なべ
  • バス旅からの〜〜桜なべ
日常的素顔

《kino_hana》ときに《otta-小雀》《horseholic》も

乗馬中心の自分発信サイトでしたが、いまはブログばっかりになってます。
何が平凡でどうなると非凡なんでしょうね。。

日常に頂いたコメント
RSS
RSS
過去の日常
お勧め処
お手軽My健康法
サントリー健康食品

お手軽お気楽Myお小遣い
アフィリエイトはLinkShare

無料サンプルをgetしよ♪
トライアルキット